名称変更のお知らせ

建築・設備施工管理CPD制度

一覧に戻る

技術者の継続教育です

制度の目的

建築施工管理技士などの技術者が、必要な能力の開発に資する活動を継続的に行うことを推進するとともに、その指標を示し、その状況を社会に明示することを通じて、公共の福祉の増進ならびに建築施工管理技士などの知識および技術の向上を図ることを目的とする。

簡単にいうと…

個人が講習などを受講することによって継続して学習し、能力向上を図っている時間を単位として「見える化」したものです。

画像タイトル

対象者

建築施工管理技士、電気工事施工管理技士、管工事施工管理技士、その他の施工管理に携わる技術者。(資格の有無は問いません

つまり…

施工管理を仕事とする技術者であれば、資格の有無は問いません。

画像タイトル

特徴


CPDは技術者の継続教育(Continuing Professional Development)を意味します。教育プログラムや講習を共有化し、それらを受講した技術者などに対して、学習時間をCPD単位として付与するものです。

メリット


自己研鑽の実績を客観的に評価することができます。

  • 公共工事で広く実施されている総合評価落札方式では、「施工能力評価型」の評価方法の中に「配置予定技術者」の項目があり、ここでCPD制度の配点が設定されている場合があります。
    (※詳細は県の担当部局へお問合せください。)
  • 企業では、社員の講習の受講履歴が記録されていることで、社員教育の計画・立案時に活用できます。

一覧に戻る

お問合わせ

ページトップ