実績証明書の申請

CPD実績証明書とは

 各行政機関の入札等において、CPD実績の活用が進んでいます。工事入札や入札参加資格審査等活用用途とCPD実績に対する加点の扱いは各行政機関で異なりますが、概ねは各制度のCPD実績証明書の発行が必要となります。
 CPD活用に関する詳細は各行政機関に確認する必要があります。制度運用開始初年度は、各自治体等の実績証明書発行対象にならない場合もありますので、各自治体等の提出条件をご確認ください。

制度参加者へのCPD実績証明書の発行について

 建築・設備施工管理CPD制度での実績証明書の発行以外に、連携する「建築CPD情報提供制度」による実績証明書も発行することができます。平成26年度中に建設系CPD協議会への参加(平成26年11月に建築系CPD協議会運営委員会が承認)を含め、制度対象になるよう普及に努めます。

CPD実績証明書の発行の流れ

CPD実績証明書の発行フロー

実績証明書の発行には、本制度への参加登録が必要です。 証明書提出機関(自治体等)の対象制度として提出条件を確認してください。

申し込み登録方法

「CPD情報システム」へログイン後、入力案内に従い必要事項を入力してください。